/

【アウシュヴィッツ・ビルケナウ/Auschwitz-Birkenau】
(ポーランド)



ポーランドの古都クラカフから西へ約60kmにあるアウシュヴィッツ強制収容所は1940年ナチス・ドイツにより
建設されました。1940年から1945年の5年間でユダヤ人をはじめ世界中の人々約150万人以上がこの場所で
犠牲になりました。実際に現地を訪れ自分の目で見ないと歴史の重みは分りません。



有刺鉄線には高圧電流が流れ監視塔には機関銃が備え付けられて昼夜を問わず監視兵がいました。
有刺鉄線前には髑髏とHalt(とまれ)のドイツ語で看板が立ててありました。







ここで銃殺刑が行われました。鉄板の前面に立たされて処刑が行われました。花束は絶えないそうです。


アウシュヴィッツ収容所長Rudolf Hoess(ルドルフ・ヘス)はこの場所で戦後絞首刑となりました。



クラカフへの道程で出会った素朴なポーランドの子供たち!!



アウシュヴィッツを訪問するのにドイツのベルリンからクラカフまで約800kmの距離を自家用車VWで走りました。
クラカフに到着したのが真夜中,共産圏(当時)でのホテル宿泊は予約無しでは不可能でした。困っていると
ポーランドの若者が私を家に泊めてくれました。見知らずの日本人にも親切にしてくれました。
明朝には彼の母親と一緒に朝食を済ませ私を見送ってくれました。戦前の日本人の感覚をこの国で感じました。





参考文献:

「Rudolf Hoess,Kommandant in Auschwitz」:Deutscher Taschenbuch Verlag 1963
「夜と霧」:V.E.フランクル・みすず書房


【次へ】