/

臨時召集令状(赤紙)】

実際の色に近い色合いで紹介できていると思います。初期は真に赤色でしたが
昭和十六年を境に,赤紙の色は重苦しいようなくすんだ赤色から末期の物資の
欠乏の為徐々に薄いピンク色に変化しました。赤紙は入隊時に回収されてしまい
ますので資料絶無といわれていますが,奇跡的にこの一枚は残存していましたので
皆様に公開出来ます。裏面の文章も文語体で書かれていて判読には苦労します。
しかし希少な資料です。

《表 面》                                           

《裏 面》


物資の欠乏の為に薄いピンク色に変色しました。
この臨時召集令状は参考品(複製)です。





【防衛召集令状】

昭和ニ十年,本土決戦を想定し第二国民兵まで召集令状がつくられました。
末期の赤紙では色は材料不足からピンク色に変わっています。発行前に
終戦となったのでしょうか日付が入っていません。





【教育召集令状】

明治時代の静岡連隊区司令部発行の令状です。



【付加】召集令状には
@充員召集令状A臨時召集令状B教育召集令状C演習召集令状D防衛召集令状等がありました。


【徴兵検査通達書】







【徴集延期証書】



【戦前の医師免許証の写し】



【東京女子医学専門学校の卒業証書】



【戦前の日本赤十字社卒業証書】



【戦前の看護婦免状】



【呉海軍工廠の身分証明書】

昭和16年12月16日に戦艦大和が竣工しました。この間当地で
警備されておられました方の身分証明書です。





【防空要員証】

昭和19年11月大阪府交付




【引揚げ証明書】
(其壱)

持ち主は満州國官吏で奉天に在住していました。昭和23年5月舞鶴に
引き揚げして来られた際の証明書です。





(其弐)
従軍証明書






【日露戦争写真帖】
大本営写真撮影班撮影の日露戦争の鮮明な写真です















【兵役に関する心得】









【軍隊手帳】

軍隊手帳は軍人の常に服膺(ふくよう)すべき勅諭・棘詔と戦陣訓が掲載されていました。




明治時代の軍隊手帳


裏面


大正時代の軍隊手帳



裏面


【補充兵手帳】



裏面


【青年訓練手帳】



裏面


【山下奉文大将の御写真】

署名入りの写真


裏面には「謹呈 ○○様 山下」と山下奉文大将直筆の墨文字があります。


【長勇中将直筆の葉書】






【漫画の皇軍・絵葉書32枚】


































【陸軍将校用伝令ケース】
陸軍の将校が指示を伝える伝令ケースです。







【皇軍慰問品】

慰問品として慰問袋の中に入れられました。













【防護板】







【陸軍幹部候補生学生ブロンズ立像】
軍曹の襟章に幹部候補生の星章に肩章が付いています。



















【文献】

「赤紙・男たちはこうして戦場へ送られた」:小澤眞人+NHK取材班・創元社
「日本軍隊用語集」:寺田近雄著・立風書房

「兵隊さん物語」:相原ツネオ著・日本館書房



【次へ】



【軍医少尉の資料館】