【海軍機一式陸上攻撃機の尾輪】

タイヤ部分には,「日本タイヤ株式会社 3 - 3 500 - 180 尾輪 後難読」の
記入があります。
リム部の刻印は,「16 - N1713 リ 501 ○の中にイ 菱形の中に S  桜刻印」と
裏部に「錨刻印 難読 本 309 M 」のメーカー刻印があります。
一式陸上攻撃機の部品はなかなかお目にかかれません。







左側より「一式陸攻」,特攻機「白菊」,「零戦」の尾輪。大きさを比較して下さい。


【一式陸上攻撃機の雄姿】


【河口湖自動車博物館内展示物からの資料】


























【海軍陸上爆撃機・銀河の尾輪】

銀河は大東亜戦争後期に登場したスマートな双発急降下爆撃機で、
性能は群を抜いていました。武装胴体全方20mm旋回砲1門,後上方
13mmまたは20mm旋回砲1門,爆弾800kg1発または500kg1発
または800kg魚雷1発装備できました。
常用気圧4kg/cu 6層 昭和19年2月製 内外ゴム株式会社 N026と
刻印が入っています。内外ゴムは兵庫県明石市にある会社で、チューブ
ゴムを専門に制作していましたが、昭和6年航空機タイヤの生産に入り
ました。直径40cmX幅16cmを示す「400X160」の記号もあります。













【機種不明の機の尾輪】
【表面】
タイヤの部分に「日本タイヤ株式会社」と「420X150」の記入があります。


【裏面】


【側面】









【二式複座戦闘機・屠龍の尾輪】
陸軍の戦闘機キ番号はキ45改、愛称は屠龍。複座とつくのは同年に採用された
二式単座戦闘機「鍾馗」と区別するため。













【ロケット戦闘機「秋水」の燃料保存用陶器製容器】
大戦末期日本でもロケットエンジンの開発をおこなっていました。「秋水」に搭載されるエンジン「特呂二号」などに
使用された燃料は濃度80%の過酸化水素を酸化剤にメタノール57%+水化ヒドラジン37%+水13%の混合液を
化学反応させて作成しました。これらの燃料は物質を溶解してしまう劇薬で保存の為には陶器製の容器が必要
でした。
【其壱】






【其弐】






以下二枚の写真は三菱重工名古屋宇宙システム史料室に
展示されている陶器製容器








【関連文献】


「丸メカニック・一式陸上攻撃機・THE MARU MECHANIC 1980 5 No.22」:潮書房
「帝国海軍・一式陸攻」:Gakken
「航空ファン・日本海軍機」:株式会社 文林堂
「帝國陸海軍・現存兵器ガイドブック」歴史群像2月号



【次へ




【軍医少尉の資料館】