/

【大日本帝國海軍帽子

【海軍佐官正帽】


【海軍士官軍帽】




【海軍下士官軍帽(初期)】






【海軍下士官軍帽(後期)】
【其の壱】






【其の弐】












【海軍兵学校生徒帽子】






【海軍兵学校生徒帽子】


【海軍予備学生軍帽】






【四号生徒用海軍軍帽】






【予科練の第一種軍帽】






[其弐]












【予科練の第二種軍帽



【略帽】


【艦内士官略帽】
初期の海軍艦内士官略帽は線章は有りませんでした。菱形片布に記名が入っています。












【海軍士官一種略帽】










【海軍士官二種略帽】










【海軍士官三種略帽】




【海軍下士官二種略帽】


【海軍下士官三種略帽】


【海軍兵一種略帽】








【海軍兵二種略帽】



【海軍兵三種略帽】



【水兵帽・大日本帝国海軍】


明治期の帝国海軍水兵軍帽です。長いペンネント、
横須賀衣料科から明治期と判定が出来ます。








【水兵帽・大日本特務艦富士】
戦艦富士は明治30年8月英国で竣工して日本海軍が
手に入れた最初の本格的な戦艦です。
日本海海戦では「三笠」と共に活躍しました。
大正11年に兵装、装甲を撤去して練習特務艦となりました。



【水兵帽・大日本軍艦薩摩】
戦艦「薩摩」は日本が初めて自国で
建造した戦艦で、日露戦争中の
明治37年度の臨時軍事費で建造された。



【水兵帽・呉海兵團】


【水兵帽・佐世保海兵團】



【士官用防寒帽】


防寒帽は大正9年(1920)制紺の裏絨、頭部の裏はフランネル、庇裏・左右の垂れの裏・後裏は
毛ラッコを使用してあります。作りは下士官兵と同じですが、帽章は士官軍帽の前章となっています。


















【将官使用の手袋】












【海軍麦藁帽】


この麦藁帽は明治9年12月制定の下士卒夏帽ですが、
ペンネントに艦名を入れるのは明治16年からです。






【海軍空挺隊降下帽】


殆ど資料は残ってはいません。


























【海軍九○年式鉄帽】


希少な海軍鉄帽です。錨がペイント塗装されています。










【第日本帝国海軍肘章・襟章】







【肘章】


「海軍軍楽生徒」


「海軍一等水兵」


「海軍上等整備兵」




「海軍衛生兵長」


海軍二等兵曹」


「海軍一等兵曹」


「海軍上等兵曹」



【海軍ニ種用肘章】

「二等機関兵」




「二等水兵」




「一等水兵」





【海軍襟章】

「海軍大佐」








【次へ】




                                                    【軍医少尉の資料館】